女の人

ブランド品を新婦のドレスやダイヤモンドと合うようにレンタルする

花嫁用の和装

神前式

色んな花嫁の和装

花嫁の和装と言うと白無垢のイメージがとても強いのですが、実際にはそんなことはなく色打ち掛けや引き振袖といった色がついているものもあります。ですが白無垢もものによってはアクセントとして色がついたものがあり、ただ真っ白というだけではないのです。アクセントカラーには赤と紫があります。祝の色は紅白ですので、赤を選ぶという人は多いです。ですが紫は紫で上品さを感じられますので、どちらも良い点はあります。色打ち掛けですが、赤やピンクなどを中心に明るいものになっています。柄も昔から伝えられている鶴や扇といったものがあり、色だけでなく柄からも選べるようになっています。そして引き振袖ですが、これは成人式で着用することのある振袖と似ているものですが、裾を引いていることから引き振袖と言われています。白だけでなく黒や赤もあります。どの色も人気ですが、若い年代からは赤が好まれることが多く見られています。

違いがあった

レンタルショップまたはカタログでは真っ白な白無垢にも種類があります。実は間近で見ないとわからないのですが、白無垢も他のものと同様に柄が異なっているのです。その為白無垢を比較する際には間近でよく見る必要が出てきます。白いから誰も分からないから何でも良い、という人もいますが柄によってレンタル料が異なってきますので、しっかりと確認しておいた方が良いのです。レンタルショップのホームページにもカタログ画像があり、ズームさせて柄が見えるようになっていますので確認しておくと良いです。